2012.11.08

【11月29日】 OPEN LAB『ここまできた!心の奥底を測る表情・視線分析技術』を開催します(一般対象)

『ここまできた!心の奥底を測る表情・視線分析技術』 

⇒本イベントは終了いたしました。 

二子玉川をモデルに、未来志向でクリエイティブな人々が集い、交わり、価値の創出を目指す、 クリエイティブ・シティ・コンソーシアムが主催するオープンラボです。

お申込はこちら ⇒ http://kokucheese.com/event/index/61289/

 OL図1.jpg  OL図3.jpg

目の前の相手の心が読めたら、、、。 誰もが一度は思う願望が実現しつつあります。

「目は口ほどに物を言う」というように、視線は相手の意図や考えを知るための重要な手がかりの1つですが、マーケティングの世界ではユーザーの視線の動きを明らかにすることによって、言葉にならない無意識な反応をキャッチし、消費者行動をより深いレベルで理解することができるようになりました。

一方、TVカメラで撮影した人物の顔を識別する顔認識技術は、監視カメラなどの分野で広く普及してきましたが、最先端の技術では、性別や年齢を自動判別するほか、表情の動きから、「喜び」「悲しみ」「怒り」「恐れ」「驚き」「嫌悪」といった感情を数値化して読み取れるようになりました。

私たちは、消費者の心の奥底も測ることができるようになったのです。

今回のオープンラボでは、視線を記録する「アイトラッキング」という特殊技術をマーケティングリサーチに応用して最先端を行くGMOジャパンマーケットインテリジェンス株式会社と、動画像によるリアルタイムでの表情解析技術の株式会社夏目綜合研究所による、実際の視線分析と表情解析のデモンストレーションとプレゼンテーションを行います。

・GMOジャパンマーケットインテリジェンス

http://www.gmo-jmi.jp/jp/service/visibility_research.php

・夏目綜合研究所

http://www.n-ri.jp/develop.html

これらの技術は、すでに商品開発や店舗開発における消費者の注目度分析などや、TVコマーシャルなどの好感度分析などに用いられつつありますが、近い将来には、街なかのショーウィンドーや携帯電話にも組み込まれて、リアルタイムでの分析による商品・サービス販売への応用や、コミュニケーションの支援ツールになるかもしれません。

デモンストレーションを通じて実際の適用例をご紹介しながら、みなさんと新しい可能性について探って行きたいと思います。

商品開発や消費者のマーケティングにご関心のある方、新たなビジネスシステムを探している方、ぜひご参加ください。

■プレゼンター

<GMOジャパンマーケットインテリジェンス株式会社>

クライアントサービス部マネジャー 工藤公久氏

  • 中央大学卒業後、医薬品メーカー、マーケティングリサーチ会社等での勤務を経た後、2010年10月より現職。
  • これまで主にIT・デジタル機器の新商品開発や新規事業立ち上げのための調査プロジェクトに参加、定性調査では自らモデレーターも務める。その他に高校生や大学生を対象にしたエスノグラフィ調査も数多く経験し、生活実態を基にした新商品開発プロジェクトに携わる。

<株式会社夏目綜合研究所>

取締役 所長 菊池光一氏

  • 愛媛県松山市生まれ。
  • 東野圭吾原作「現代推理作家シリーズドラマ」プロデユース
  • 無印良品基本コンセプト映像演出
  • NHK「生きもの地球紀行」のデジタルメディアを総合演出
  • NHK大河ドラマ「元禄繚乱」関連コンテンツ総合演出&プロデユース(各賞受賞)
  • 総務省・経済産業省・文部科学省などの通信関連・放送関連の研究・開発。
 【概要】

■日 時: 11月29日(木) 19時~ 21時

■場 所: カタリストBA (世田谷区玉川2-21-1 二子玉川ライズ・オフィス8 F)  
      

  http://catalyst-ba.com/access.html

■参加費: 2,000円 


 ※20時を過ぎて入館される方は、カタリストBA(03-6362-3443)までご連絡ください。

■スケジュール: 
 

 18時30分 開場・受付開始 
 
 19時00分 GMOジャパンマーケットインテリジェンス「アイトラッキング」プレゼン
 19時30分 夏目綜合研究所「表情解析システム」プレゼン
 20時00分頃~ 意見交換・懇親会
 21時頃   閉会 


■お申し込み
 下記サイトよりお申し込みください。

http://kokucheese.com/event/index/61289/

皆様のご参加をお待ち申し上げております。