2012.09.06

二子玉川カタリストBA(バ)に知的照明システムを導入

必要な光を必要なところへ、「適光・適所」を実現
二子玉川カタリストBA(バ)に知的照明システムを導入
次世代ワークスペースカタリストBAがさらに進化します。

クリエイティブ・シティ・コンソーシアム
知的照明システム推進協議会
東京急行電鉄株式会社
同志社大学
パナソニック株式会社
東急建設株式会社
株式会社きんでん

 

 東京急行電鉄株式会社、同志社大学、パナソニック株式会社、東急建設株式会社、株式会社きんでんは、クリエイティブ・シティ・コンソーシアム(以下「コンソーシアム」)会員および知的照明システム推進協議会(以下「協議会」といいます)会員として、コンソーシアムにおいて「次世代環境ワーキンググループ 知的照明分会」を組成し知的照明システムについての知見を深めてまいりました。今般、その成果として活動拠点である二子玉川ライズ・オフィス内の「カタリストBA」に知的照明システムを導入いたしました。


 知的照明システムは、同志社大学理工学部三木光範教授の研究により生まれ、照明の明るさ(照度)と光色(色温度)を人工知能のアルゴリズムで自律分散型制御を行うシステムです。また、制御された状況が可視化されるとともに、PC・スマートフォンを用いて利用シーンによって設定を自由に変えることが可能です。
 今回、知的照明システムとしては日本で初めて無線式の照度センサを用い(2012年9月6日時点)「カタリストBA」利用者によって異なる照度が設定できるシステムを、パナソニック株式会社の調光・調色型LED照明器具と組み合わせて導入いたしました。これにより、従来の照度センサ同様に利用者の好みに応じた「適光・適所」の演出だけではなく、無線式照度センサを用いることで、利用者がフレキシブルに利用場所を選択することが可能となり、利用者の満足度と労働生産性の向上に寄与することが期待されます。また「アイスブレイク/リラックス」「ディスカッション」などの様々なオフィスシーンに合った調光・調色を行うことが可能であり、ディスカッションやブレーンストーミングなどの知識創造にも寄与することが期待されます。
 さらに、現在までの研究成果から試算される電気使用量は、知的照明システムを導入することにより50%程度、削減されると見込んでいます。


 カタリストBAは次世代のオフィスモデル研究を実践する場として、プロジェクトワークやワークショップなど様々な知識創造活動に使われています。また、コンソーシアム会員以外の一般の方にもイベント等で開放されており、このような利用者(執務者)を特定しない場所への知的照明システムを導入することは日本では初の事例です(2012年9月6日時点)。
コンソーシアムでは今後協議会と連携し、本システムの普及促進および次世代オフィスモデルの研究実践を推進いたします。


カタリストBAに導入する知的照明システムの概要は別紙の通りです。

別紙:PDF

本リリースに関するお問い合わせ先

知的照明システム全般に関するお問い合わせ先
 知的照明システム推進協議会事務局 門田 TEL:080-1191-6132
クリエイティブ・シティ・コンソーシアム事務局
 担当東京急行電鉄株式会社都市開発事業本部事業統括部企画開発部
 佐藤TEL:03-3477-6038