TOP > > Linked Open Data チャレンジJapan 2012へのサポーター連携のお知らせ

 

 クリエイティブ・シティ・コンソーシアムは、LODチャレンジ実行委員会(所在:慶應義塾大学環境情報学部萩野研究室、実行委員長:慶應義塾大学環境情報学部教授 萩野 達也)によるLinked Open Data チャレンジJapan 2012(以下、LODチャレンジ2012)の開催にあたって、開催主旨に賛同し、サポーター(後援団体)として連携を進めることとなりましたのでお知らせいたします。

 

■LODチャレンジとは

http://lod.sfc.keio.ac.jp/challenge2012/

LODチャレンジは、さまざまな分野でLinked Open Data (LOD) のデータづくりや活用にチャレンジされている方々による活動の発表の場を提供します。新たなデータづくり、データ公開、データ共有の仕掛けやオープンデータ活用のアイディア、アプリケーションなどを「作品」として募集しています。オープンデータのコミュニティを醸成し、応募作品をコンテスト形式で評価し合いながら、オープンデータ活用のベストプラクティスを探ることで、日本の新しい未来を創造することを目的とされています。

4ヶ月にわたる作品募集期間に、LOD チャレンジデーと称する講演会、勉強会、アイディアソン、ハッカソンなどのイベントの開催を予定しております。既に東京(8 月25 日)と名古屋(9 月1 日)でプレイベントが開催されていますが、今後さらに、鯖江市(10 月6 日)、東京(10 月19 日)他でハッカソンや、作品の製作に利用可能なデータや基盤を紹介するイベントの開催が予定されております。

 

・LODチャレンジ実行委員会のリリース:http://lod.sfc.keio.ac.jp/blog/?p=460

・Facebook: http://www.facebook.com/LOD.challenge.Japan

・Twitter: @LodJapan

・ハッシュタグ: #lod2012

 

■クリエイティブ・シティ・コンソーシアムでの取り組み

 今後クリエイティブ・シティ・コンソーシアムでは、サポーター連携の一環として、本年秋に会員企業を中心としたLinked Open Dataをテーマとしたワークショップの開催を進めていく予定です。

 ワークショップの詳細は、決定次第改めてお知らせいたします。

 

以上