TOP > イベント > 「フューチャーセンターウィーク2011東京」がカタリストBAで開催されます

イベント

「フューチャーセンターウィーク2011東京」が下記の通りカタリストBAで開催されます。クリエイティブ・シティ・コンソーシアム会員の方もお申し込みを頂けますので、ご希望者は、下記をご覧頂き御申込みをお願いいたします。

 

~~~~イベント概要~~~~

☆開催日時/会場
日時:2011年5月10日 - 13日13:00~16:30  (連続4日間開催)
場所:
・二子玉川カタリストBA(5/10,5/12,5/13)
・NTTデータ INFORIUM (豊洲イノベーションセンタ)(5/11)


☆主催・協力
・主催:国際大学GLOCOM, KDI, ソーシャルベンチャーズ四国
・協力:株式会社NTTデータ,Creative City Consortium, Art of Hosting in Japan, Japan Dialog,DevLOVEコミュニティ, その他多くの団体・個人の皆さん


☆ファシリテータ
野村恭彦 (GLCOOM主幹研究員, KDIシニアマネジャー, 金沢工大客員教授)
ボブ・スティルガー(Art of Hosting, The Berkana Institute)
八木陽一郎 (ソーシャルベンチャーズ四国 理事, 香川大学大学院准教授)


☆参加費
会場費・お茶代経費として3,000円/日を当日徴収。

 

☆イベントの目的
フューチャーセンターという「未来志向の創造的な対話の場」が、新しい日本を創るために必要であるという信念のもと、Art of HostingのBob Stilger氏、Future Center AllianceのHank Kune氏の協力のもと、日本中に500のフューチャーセンターを早急に立ち上げていくことをめざしています。ソーシャルセクターとプライベートセクター、パブリックセクターという壁を超えて、未来志向の対話を行い、社会イノベーションを起こしていきたいと思っています。本フューチャーセンター・ウィークは、その「始まり」です。

 

☆アジェンダ
それぞれのテーマに対し、多様性の高い招待ゲスト、参加者をお招きしたいと考えています。ゲストからのインプットだけではなく、すべての参加者が未来志向で対話し、アウトプットに貢献できる対話の場を作ります。

相互理解(招待ゲスト、参加者が全員で相互理解の時間をとります)
新たな兆しの発見(招待ゲストを中心に新たな気付きを共有します)
対話で深める(ワールドカフェなどで会場全員で対話します)
新たな価値軸の発見(全員で対話の結果を共有・綜合します)
理想像への共感(全員が各々の理想像を描き、共感し合います)

 

☆ご参加していただきたい方
日本の未来を考え、創り出していきたいと考えられている方。
各セッションのテーマに対して、熱意を持って取り組もうとしている方。
企業の立場から、社会イノベーションを起こしていこうと考えている方。
ノンプロフィットの立場から、企業や行政を巻き込んでいこうと考えている方。
行政の立場から、企業やノンプロフィットを巻き込んでいこうと考えている方。

 

☆申し込み方法
以下のURLからお申し込みください。
https://spreadsheets.google.com/embeddedform?formkey=dEFEYVAxUTRIeUlodHBYTU9IUGc0ZEE6MQ
(コンソーシアム会員は、「フューチャーセンターウィーク2011は何でお知りになりましたか?」の欄に、
 「クリエイティブ・シティ・コンソーシアム会員」と記入をお願いいたします。)

~~~~~~~~~~~