2013.10.11

【12月1日】 ブレスポ第2回「スポーツ・文化・豊かな暮らしを目指して」を開催します

クリエイティブ・シティ・コンソーシアム主催の『ブレスポ』 第2回を開催いたします。

お申し込みはこちら URL: http://kokucheese.com/event/index/124602/

★本イベントは終了いたしました。多数ご参加頂きありがとうございました!

ビジネスとは、考えるスポーツである。 

ブレスポは、明日へのアウトプットを生み出すためのビジネスセッションです。
目まぐるしく変化する社会のなかで、課題に立ち向かい、正解やゴールの見えない問いに答えを出していく。
これからのビジネスには、脳をフル活用するような発想や柔軟な行動力が求められます。
ビジネスの第一線を走るトップランナーと、タイムリーで斬新なテーマ。アイデアや意見を交わしながら、脳に汗かき、限界を押し拡げましょう。

第2回テーマ 〔スポーツ・文化・豊かな暮らしを目指 して〕

図1.png

 2020年東京でのオリンピック・パラリンピック開催が決定し、市民スポーツの裾野が広がりつつありますが、スポーツが文化として根づいている欧州などと比べると、日本はスポーツ産業の市場規模も小さく、今後の伸びしろが大きい領域と考えられます。

 スポーツは年齢や性別、能力、民族などの垣根を越えて、多様な人が「する」「観る」だけでなく様々なかたちで関わる機会があり、生活や社会に豊かさをもたらすポテンシャルを持つものと言えるでしょう。

 現代のスポーツは、経済、政治、文化、メディア、教育など社会との結びつきが深まり、人材育成や地域活性化など社会課題を解決するためにもその重要性を増しています。より豊かな生活や社会のために、スポーツを持続的に発展させる仕組みや方法についてビジネス視点で考えてみませんか?

 第2回のブレスポでは、サッカーのプロリーグ化を実現し、オリンピック招致を成功させた平田竹男氏、スポーツの文化的価値によって生活の質(QOL)を高める活動をされている辻秀一氏、スポーツ・グラフィック「Number」編集長の松井一晃氏の3氏をゲストに迎えます。スポーツを多角的視点で捉え、チームに分かれて議論することによってアイデアを形にしていきます。

皆様のご参加をお待ちしております。

チラシはこちらをご参照ください。 a4_1021_2.pdf

開催概要

  • 日時: 12月1日(日)13:30~17:30 (16:30~ 懇親会)
  • 会場: カタリストBA
  • 参加費: 2000円 (お申込みはこちら
  • 定員:50名 ※ 先着順となります。お早めにお申し込みください。
  • 主催:クリエイティブ・シティ・コンソーシアム

ナビゲーター

 東京急行電鉄株式会社 東浦 亮典 氏 

ゲスト 

「2020年を考える」
 「2020年を
トーク① 「2020年を考える」

平田 竹男 氏
早稲田大学 大学院スポーツ科学研究科 教授

TakeoHirata_pic.jpgのサムネール画像

〔プロフィール〕
 経産省出身、元日本サッカー協会専務理事。Jリーグ発足、日韓W杯招致、なでしこジャパン誕生に尽力。
日本体育協会/日本陸上競技連盟理事、今年より内閣/東京都参与など要職を務める。2020年オリンピック・パラリンピック東京大会推進室室長として最前線で活躍中。
 

トーク② 「スポーツ文化の意識づくり」

辻 秀一氏
スポーツドクター/東京エクセレンスGM

110404ALIA4395.jpgのサムネール画像

〔プロフィール〕
スポーツの文化的・社会的価値の創造をミッションとして活動。スポーツを通じた人づくり、街づくり、社会づくりを通じてQOL向上をスポーツドクターとして行う。専門は応用スポーツ心理学。著書にはスラムダンク勝利学ほか多数。この秋より日本バスケットボール協会が立ち上げる新リーグに東京エクセレンスとして参入。

トーク③ 

松井 一晃氏 × ナビゲーター東浦 
株式会社 文藝春秋 「Number」編集長

Numberロゴ.bmp

〔プロフィール〕
1992年文藝春秋入社、第二編集局スポーツ・グラフィックナンバー編集部に配属。その後、第一編集局週刊文春編集部統括次長、文藝春秋編集部統括次長などを経て、2012年4月にスポーツ・グラフィックナンバー編集長に就任。

以上
 

 





・早稲田大学大学院スポーツ科学研究科教授 平田竹男氏 (※写真:添付で確定)

経産省出身、日本サッカー協会専務理事。Jリーグ発足、ワールドカップ招致に尽力。2006年より現職。日本スポーツ産業学会理事長、日本体育協会理事など要職を務める。今年より内閣/東京都参与として東京オリンピック招致に貢献。

(⇒秘書に修正の督促しましたが、最近五輪○○委員にも就任したそうで、肩書き整理を含め、確定回答は週明けにいただくこととなっております。)

 

・スポーツドクター/株式会社エミネクロス代表 辻秀一氏(※写真:昨日送付のデータで確定)

病気を治すことより、人が心豊かに生きるためのサポートを志し、QOL向上のための活動実践の場として4法人とNPOを運営。「辻メソッド」でメンタルトレーニングを展開。今秋より日本バスケットボール協会が立ち上げる新リーグに東京エクセレンスとして参戦。(⇒確定)

 

・文藝春秋「Number」編集長 松井一晃氏 (※写真なし)

1992年文藝春秋入社、第二編集局スポーツ・グラフィックナンバー編集部に配属。その後、第一編集局週刊文春編集部統括次長、文藝春秋編集部統括次長などを経て、2012年4月にスポーツ・グラフィックナンバー編集長に就任。(⇒ 

・早稲田大学大学院スポーツ科学研究科教授 平田竹男氏 (※写真:添付で確定)

経産省出身、日本サッカー協会専務理事。Jリーグ発足、ワールドカップ招致に尽力。2006年より現職。日本スポーツ産業学会理事長、日本体育協会理事など要職を務める。今年より内閣/東京都参与として東京オリンピック招致に貢献。

(⇒秘書に修正の督促しましたが、最近五輪○○委員にも就任したそうで、肩書き整理を含め、確定回答は週明けにいただくこととなっております。)

 

・スポーツドクター/株式会社エミネクロス代表 辻秀一氏(※写真:昨日送付のデータで確定)

病気を治すことより、人が心豊かに生きるためのサポートを志し、QOL向上のための活動実践の場として4法人とNPOを運営。「辻メソッド」でメンタルトレーニングを展開。今秋より日本バスケットボール協会が立ち上げる新リーグに東京エクセレンスとして参戦。(⇒確定)

 

・文藝春秋「Number」編集長 松井一晃氏 (※写真なし)

1992年文藝春秋入社、第二編集局スポーツ・グラフィックナンバー編集部に配属。その後、第一編集局週刊文春編集部統括次長、文藝春秋編集部統括次長などを経て、2012年4月にスポーツ・グラフィックナンバー編